菓子製造業 望月三智子さん

ヤマセミ流儀!!

みんなに愛されるケーキだからこそ☆

身体に優しい素材をコンセプトに、その素材選びから慎重に取り組み、また地域の素材にも目を向けるようにしています。素材の良さを最大限ケーキに生かせるように、試行錯誤を繰り返し、一つの商品を作り上げています。みんなが大好きで愛されているケーキだからこそ、身体も心も満たされるようなケーキを作っています。

菓子工房ヤマセミ
望月三智子さん
Michiko Mochizuki
6月8日双子座
居住地 :早川町高住
出身地 :早川町高住
性格 :明るく真面目
趣味 :料理、ドライブ、アロマテラピー
早川町で好きな場所 :羽衣白糸の滝
好きな言葉 :心を込める

春の野山で育つ柔らかいよもぎの葉をつみ取り作る「よもぎシフォン」の緑は、鮮やかで春の香りを心から楽しめます。そして早川町名産の雨畑茶の粉末を生地に練り込み作り上げる「雨畑茶ロール」は、小豆のクリームを巻いたほんのり苦い大人の味です。また地域の名産フルーツをたっぷり使った季節のタルトは自慢の逸品です。

どんなお仕事ですか?
安心と美味しさで、笑顔になっていただくのが私の仕事です。
山梨県の地産材料にこだわった手作りケーキ工房です。早川町産の無農薬ヨモギと富士川町産抗生物質不使用のひまわり卵を使ったヨモギのシフォンケーキなど体に優しいお菓子をお届けしています。
この仕事を始めたきっかけは何ですか?
小さい頃から菓子作りは好きでしたが、自分が子供を育てる立場になり、食品の大切さを実感しました。また山あいの暮らしでは、子供達が大好きなお菓子やケーキを近くで買うことができない状況がありました。そこで「手作りをすれば、安全で作りたてのものを食べさせてあげられる!」そんな気付きが、菓子作りのはじまりになりました。早川トラねこ市のスタート時に出店。そこから多くのリピーターさんのお声で、現在の工房のオープンとなりました。
望月三智子さんはどんな人?
この地で生まれ、この地で子育てをする真面目が取り柄の職人気質です。しかし慌てん坊な一面もあり、ときどき笑いを提供しているようです(笑)ケーキを通して、多くのお客様から「ありがとう」の言葉と笑顔をいただき、幸せな日々を過ごしています。
あなたの夢は?
これからも体に優しいお菓子を作り続けていきます。早川町や近くの材料を使用し、全国の皆様に安全なお菓子と、それを育む山あいの素晴らしさを発信できる工房になれたらと思っています。
早川町の魅力はどういうところですか?
早川の大自然の四季折々の美しさは、疲れを癒してくれます。観光施設の楽しさはもちろん、そこに住む優しくも逞しい人々の個性は魅力の宝庫!その中で育つ子供達は、明るく真っすぐで,パワーに溢れています。子育てには、最高の環境だと思います。
もてなし人のサービスを見る »